Papua New Guinea Kigabah  Estate Highland Sweet

High Roast

緑茶のようなグラッシーな風味、複雑かつ軽やかな口当たり
p1020879.jpg

Highland Sweet

「ハイランドスウィート」はやわらかな甘さと現地語でおいしいを意味する“エムスウィート”から名付けられました。特定農園を指定せず、大規模エステートの原料に限定。品質の良さを重視し選定しています。今回のクロップは キガバー農園と周辺小農家(ワガビ族)による原料を、キガバー農園にて精選したものです。

Kigabah  Estate

キガバー農園は優良産地であるバンツの高標高エリアの農園で、肥沃な火山灰土壌に恵まれています。栽培品種はティピカが中心で、1960年ごろに植えられた当時のコーヒーの木が今も多くを占めています。 非常にきれいに整備された農園で、シェードツリーの落ちた葉を有機肥料として有効活用しています。また、栽培から精製・選別・輸出までの保管がすべて冷涼な高地で行われています。

dscf1676.jpg
Image by Vika Chartier

Papua New Guinea

パプアニューギニアには、1890年代と比較的早くからコーヒーの木が植えられ始めました。この国の標高や土壌が非常にコーヒー生産に適しているため、スペシャルティコーヒー業界が関心を寄せる国のひとつです。

 

95%の生産者は小規模農家で、特に高原地域に暮らす人々のほとんどがコーヒー生産に携わっています。多くの生産者が収穫したコーヒーを加工する設備を持っておらず生産履歴も不明確なため、高品質なコーヒーを生産しても確実な報酬を得ることができないことも多い地域です。

Note

緑茶のようなグラッシーな風味と嫌みのない苦味、ほんのりチェリーのような香りと黒糖のような甘み、軽やかな口当たりと複雑なフレーバーのバランスが心地よい一杯です

---

チェリー

プラム

緑茶

青リンゴ

papua_1

TO-GO
HOT ¥400
COLD ¥500

WHOLE BEAN
¥9 /g
¥850 / 100g
¥1,640 / 200g

71D38416-D56E-408E-88C3-8D7EADF5DC40_1_201_a.jpeg

生産国 パプワニューギニア

地域 ジワカ州バンツ近郊

農園 主にキガバー農園

農園面積   約350ha  うち栽培面積約150ha 

土壌   火山灰土壌 

品種 ティピカ、アルーシャ、ブルボン  Bourbon

商品規格 AX(S15)1kg中10欠点

精製方法 Washed

標高 1,520m~

収穫期   3~8月ごろ

クロップ 2021

SCA評価 83.75点